鉢りんの組み立て方

facebookよりお問い合わせをいただきました。

鉢りんの箱に入っている、丸い板は何ですか?

植木鉢の底には、穴が開いています。

丸い板は、2通りの使い方ができます。

1つは、植木鉢の底をふさいでしまう方法。

もう1つは、植木鉢を載せるメッシュの台座の上に載せる方法。

今回は、この後者の方法をご説明したいと思います。

前者については、いずれまた…!こちらにもちょっとした秘密があります。

 

それでは、底板の使い方です。

 

植木鉢の底には穴が開いています。鉢りんの燃焼ポット(中筒)は底部にも穴が開いているため、灰がぽろぽろと底の穴から落ちてくることがあります。汚れ防止のため、メッシュ台座(鍋敷)の上、植木鉢の底の下に、セットしてください。

%e9%89%a2%e3%82%8a%e3%82%93%e9%87%8d%e3%81%ad%e6%96%b9

このように、セットすることで、底板で灰を受けられるようになります。

 

14479579_1599730180330283_8807782951864498117_n

横浜市のオーナー様のfacebook投稿より。

燃えているのは炭ではありません。

炭になった、木材の切れ端です。

14484910_1599730156996952_4799230759733824217_n

燃料は、木材の切れ端。

10cm以内(燃焼カップからはみ出さない程度)にカットされたものがよいでしょう。

その後、オーナー様より、

サイコロにすると全体を炎がつつんで煙無くなる

と、さらにメッセージをいただきました。

 

オーナー様からのSNS投稿や、メッセージはとてもうれしいです。

皆さまからのSNSへの投稿やメッセージを心よりお待ちしております!!

 

素敵なウッドデッキを焦がさないように、レンガをひいていただくと安心です、とお伝えしました。

 

いかがでしょうか?

鉢りんはamazonから購入できます。

 

facebook ページはこちらから

https://www.facebook.com/liftoff.tokyo/

 

 

Comments

comments