とこなめ土管ロケットストーブ

とこなめ土管ロケットストーブ工房 ないしょ話5 ヒートライザー

2013.01.28 Monday 金田寿正

image

先端を形成する冶具に逆さまに土管を立て、煙道となるボイド管(外径:106mm)を差し込みます。

image
image

隙間に断熱材を流し込み、冶具の上で土管をぐるぐる回して空気を抜き、中身をしっかり詰め込んでいきます。

image

詰まってくると回せなくなるので、後半は棒でつついて詰め込みます。

image

そして最後まで充填して完了。

image

固まった後に、焚口ベースに乗せ、そのまま火を付けてボイド管を焼き切ってしまいます。この燃焼によって煙道のモルタルが焼結して、半永久的に使えるヒートライザーが完成します。

<ご注意>

ボイド管が激しく燃焼し、炎が上がるのでご注意ください。

image

しっかりと燃やし尽くことによって「焼き」が入ります。