とこなめ土管ロケットストーブ 工房ないしょ話10 お願い

2013.02.18 Monday 金田寿正

image
image
image
image

このブログは、取扱説明になるように後日まとめたものです。

実際は試行錯誤の連続で、無駄になった材料や道具、試作品の屍がゴロゴロ転がっていて、完成までの泣き笑いをレポートした方が、もっと面白かったかもしれません。

 

今からは、このロケットストーブを「使ってみたいと思う人」を探し出したいのですが、

  1.  常滑土管そのものに価値を見出してくれて、
  2.  土管がロケットストーブになってたら楽しいね!と感じてくれて、
  3.  素人が趣味で作った物だから、少々のことは許してやるか..

と思ってくれる心の広い奇特な方にしかお譲りすることはできません。

 

また、物の確かさを示すため、使った材料と工法をすべて当ブログで公開しており、その内容から品質を納得いただければ幸いです。

しかしながら、火を扱う製品なので熱膨張と収縮を繰り返しヒビが入ってくるのは避けられません。特に水に濡れた状態で火を焚けば、確実にヒビが入りますので、常識としてご理解ください。

image

 

もしヒビが入っても、崩落しないようセメントで固めてありますので、写真のように針金でグルグル巻いておけば大丈夫です。さらに風情が増しますよ。

 

【販売について】

常滑焼ロケットストーブの販売は、商品企画から製造まで一貫して行っている私自身からの直売のみです。代理販売の考えはありません。お客様ひとりひとりの問い合わせに直接お応えしたいと思います。

 

【モニター協力のお願い】

きっと、ここまで辿り着いた方は、そうとう興味を持っていただいたんだと思います。もう今年の冬は終わりを迎えようとしていますが、ぜひ、使ってみて評価をフィードバックしていただけないでしょうか?
今回つくったモノをヤフーオークションに出品したいと思いますので検討をお願いします。
ファーストユーザーになっていただける“心の広い奇特な方”をお待ちしております。
その後のアドバイスも、ぜひ、よろしくお願いします!

Comments

comments